単身者の引越しは自力か業者か

新入学や就職、あるいは転勤で単身者の方が引越しをしなければならない時、最初に悩むのが、自力で行うか業者に頼むかではないでしょうか。
単身だと、自分一人分の荷物だけだからと、運ぶ車さえあれば、もしかしたらそのほうがお得だと思ってしまう方も多いことでしょう。

例えば、同じ市区町村内とか、隣の市区町村など距離が短くて、1度や2度の引越し元から引越し先への往復ですべて荷物が運べてしまうのであれば、マイカーほどお得なものはありません。
ただ、それにはワンボックス車とか、せめてワゴン車をお持ちの方に限られます。
しかも、高速道路を使わなければならない距離とか、マイカーでは乗り切れない大きな荷物、例えば折りたためないベッドなどの家具インテリアや大画面テレビなどの大型家電製品が含まれる場合は例外と言ってもよいでしょう。
積載量の大きな車を借りるという手もありますが、親族や友人知人からただで借りられるのならばいざ知らず、レンタカーとなると、結構費用も掛かってしまいます。

ちなみに屋根なしの1トントラックの6時間レンタカー料金は保険を含めると、5000円から6000円が相場で、それにガソリン代が別途必要です。
引越しに必要な段ボールやガムテープなども、購入すれば3000円から5000円はかかりますから、総額で2万円近くもかかることになります。
引越し元から車への搬出、車から引越し先への搬入も全て自力でしなければなりません。
友人知人に手伝ってもらうのもよいのですが、ただでボランティア奉仕してくれたとしても、せめて食事ぐらいはごちそうしますよね。

一方、引越し会社各社で行っている単身パックのような単身者向けの引越し料金では、実は微妙にレンタカーでの自力引越し総額と競っているのです。
勿論、各社価格設定はピンからキリまでありますが、引越し用具の必需品の段ボールやガムテープなどが支給され、引越し元も引越し先も、マンションなどの上層階であっても、搬入搬出使用できるエレベータがあるなら、この2万円という金額とコンペティティブな勝負をします。
中にはエアコンの取り外しと設置が料金に含まれていたりする場合もあるのです。
その意味でも、車をレンタカーしなければならない引越しなら、業者を使った場合との比較は必ずしましょう。
間違いなく自力の方がお得というのは、高速道路不要の距離で、マイカーですべて運べる場合だけです。

PICK UP SITE
引越しサカイでの見積もりを安くとる方法
└単身・家族の引越しでサカイの料金を下げる方法や一括見積もりサイトなど便利な情報が掲載されています。